FC2ブログ

マンション管理士にできること

マンション管理士の栗原典子です。問題を抱えたマンション管理組合を救いたい!日々難題に取り組んでいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

なり手不足の本当の理由。

マンション管理士の栗原です。
マンションの管理には、マンションの戸数分の価値観があり方法があります。
その中で区分所有者全員がbestとするのは難しいので、多くの人がbetterだと思うところを探して行うのが良いのだと思っています。
だから、関わったマンション管理士はひとつの方法を提案するのではなく、いろんな方法を提案できるように経験値やスキルを上げる必要があります。
ただ、理事会が懸命に検討してbetterな提案してるのに、一部の区分所有者がbestだと信じている方法を総会で強く唱え、自分の考えが通るまでだだをこね、議案内容を変更させるなどという事態も。
残念ながら、そのような方々は総会前または後に説明を重ねても、管理組合を俯瞰して考えることができないようで…理解されることはほぼありません。理解されない限り、この方の主張は続きます。役員となっていただければ良いのですが、それも叶わず。
こんな管理組合にいくつも関わりました。
ある程度の規模のマンションでの役員のなり手不足は高齢化による実質的な不足だけではなく、できれば関わりたくないと思わせる環境によるものもあると、つくづく感じています。

スポンサーサイト

このページのトップへ

管理費会計の遣り繰り。

マンション管理士の栗原典子です。 
ここ2年ほど、長計を見直す依頼が多かったのですが、春の総会前ということもあって、管理費会計の予算案に悩むことが多くなりました。
管理費会計に余裕がない場合、管理委託費を見直した後だと、諸々節約しても多少しか支出を抑えられない、足らなくても管理費会計は借り入れってわけにはいかない、単年度マイナスが続いて繰越金を食べ尽くしたら、気づいたらすぐ値上げという事態も。
漠然となんとかなるは、消費税アップを考えると大変危険です。
本日も管理費会計の検討のための管理委託契約の見直し支援を受託しました。期待に添えるような提案を頑張ります❗️

このページのトップへ

マンション専有部分の火災保険に。

マンション管理士の栗原典子です。
大雪の後、大人は雪掻きや交通の混乱に悩まされますが、子供は大はしゃぎ。
実はそれもつかの間、顧問先で火事が発生しました。雪ではしゃいだ子供の衣服をストーブで乾かして、引火と思われます。
どなたも怪我することなく済んだのが幸いです。
ただ、階下階上のお宅は水や火や煤で生活できる状態ではありません。もちろん出火したお宅は燃えた残骸がアスファルトのようになっていて、片付けるのも容易ではないと推測されます。
出火元に賠償をと思うでしょうか…
他人の家から類焼して自宅が燃えた場合に関係する法律である「失火責任法(失火法)」があります。
民法709条により、損害賠償責任は「民法709条」で定められているように、加害者に責任があるのは当然です。しかし失火により周囲に類焼したときには、重過失以外は以下の失火責任法が適用されます。
「民法第709条 の規定は失火の場合にはこれを適用せず。但し失火者に重大なる過失ありたるときはこの限りにあらず」 (失火責任法)
ローンを終えたお宅やや価額が下がり現金で購入した場合など、高経年マンションは火災保険をかけていない住戸が多数あります。共用部分は管理組合でかけますが、あらためて専有部分の火災保険への加入を各戸に啓蒙した方が良いと思います。

このページのトップへ

窓サッシ更新工事の支援。

マンション管理士の栗原典子です。

来年の予算が閣議決定され、来年も窓サッシの工事に経済産業省の補助金が交付されるようです。
顧問先管理組合では、補助金を活用するため、極めてタイトなスケジュールで仕様確定し、見積りを取得をしております。
理事の皆さんにはある程度の覚悟をしていただき、タイトな中、業者選定を進めながら、特に宅内での工事のため、合意形成に向けた丁寧な広報活動や説明会の重要性をお話ししました。

昨日は見積もり各社の現地調査。
寒い日の窓周りの採寸等は、見積もり会社毎に各箇所の窓を開け閉めするのでお部屋が暖まる暇がありません。ご協力いただく住戸の役員様には感謝です。

この支援は3度目です。
サッシを更新するマンションは当然居住者の方の高齢化が進み、もちろん役員様も高齢化しているので、広報紙案作成ほか細かな支援が必要です…が、工事が終わった後は皆さんに喜んでいただけるとわかっているので、ちょっと大変でもやり甲斐があります😊

このページのトップへ

住民向け勉強会

マンション管理士の栗原典子です。

顧問先団地管理組合の住民向け勉強会でした💕  
私の提案で、耐震診断についての理解を深めていただきました。住民の関心度は高く、多くの参加者があり大成功でした。
法に定められた耐震基準は最低基準を定めていることや、建物が守られる基準でなく人の命を守るための基準であること等々、正しく理解していただきました。
また、壁式構造が如何に耐震性に優れているか説明され、改めて団地の壁式構造が大好き❤になりました。

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。